名も無き工房長の創作・同人活動日誌

艦これ同人と一次創作、作品を深掘りしながらやっています

1/9砲雷撃戦よーい出展情報とか

 12月に入って今年も後少し。工房長は引っ越しに備えて荷詰めや断捨離など準備しています。

 今年は色々有りました、好意的に見てくれていた方が実はドッペルアカ(傀儡アカ)で指摘した途端姿を消すなど対人関係で参ってしまう一面や躁鬱病と思わしき症状で暴言を吐いてしまう、眠ることすら出来ないほどハイテンションになると言ったことに苦しんだりと「そんな体で同人活動できるのか?」と見られてしまうかもしれませんが創作が生き甲斐でも有るので無理のない程度に活動しています。

 ※躁鬱病であるかは診断段階のためもしかすると別の病かもしれませんが……

 

 Twitterでの同人活動宣伝・ちょっとした零れ話くらいが丁度良いです、企業アカウントなどを参考にしてツイートするなど利用方法を公式っぽくするだけでも気分が少し楽になります。後、フォロー関係は公式アカウントではなく個人アカウントである場合本当に関わっても大丈夫なのかと毎回見えないところで審査をすることも保身に繋がります。

 二次創作同人関係はここ最近一番やってはならない「原作崩壊」を平気で行うサークルが多く、きちんと原作を深掘りして作っている人からすると非常に迷惑な状況になっているようです。原作崩壊をやられるとそれを制作した開発者・原画絵師・企画者は「自分の描いたキャラ・作品はそういう設定じゃない」とうんざりしますし、最悪二次創作禁止と言う規制に乗り込むこともあります。

 ゲーム開発の現場にいる工房長は二次創作に対しては「原作崩壊」しないようにと気を付けています。二次創作は規約に準じて行いつつ、「自分の妄想設定で二次創作やるならオリジナルでやれ、浅はかな考えで二次創作やると原作崩壊になるから逆に迷惑をかけるぞ」と後輩達に教えています。

 

 原作崩壊ダメゼッタイ

 

 時代の流れなのかそれとも貧困ビジネスの流れなのか分からない部分は多いですが、二次創作同人は原作崩壊をやらないように気をつけないと自分の首を締めることになります……。

 扱っている艦これの公式原作崩壊(自滅型)は考えどころ多いですが(´・ω・`)

 

 重い話はさておき、来年の活動についてのご連絡となります。

 2017/01/09宇都宮にて開催される「おでかけライブ」に「隠れ家工房」名義で出展いたします!

 ※艦これ用暖簾分けサークル「真六工廠」でしたが分けるまでもないので名義を統一化しました

 ※HIDEOUT STUDIO=隠れ家工房(英訳→和訳)

 

f:id:hideoutstudio:20161204122424j:plain

※推しキャラがバラけてしまっているため文字だけです(´・ω・`)<居すぎて困る

・ラインナップ

f:id:hideoutstudio:20161204123922j:plain

小説本(R-15)

f:id:hideoutstudio:20161204123610j:plain

既刊合同誌

f:id:hideoutstudio:20161204123723j:plain

パジャマ(五月雨のみ)

 

 スタジオYOUの出展規約に準じて3点以内かつ20部以内に留めています。

遵法遵守・実質剛健・迅速行動を心がけていますが対応が不慣れな面もまだあり、精神薬の影響で意識がボッーとしてしまうことがあるため、石のように硬直していたり挙動不審なところが出て様子が可笑しいと思われてしまいますが落ち着けば治るためそっとしておいていただければ幸いです(いきなり話しかけられるとビックリしてしまいますので)。

 

 イベント参加すると見たくもない部分がどうしても見えてしまいます。

 スタジオYOUの出展規約で3点までのところ3点以上(販売していない展示物を含む)出展してしまっている人を見かけています、主催から警告を受ける可能性がありますので出展規約は必ず守りましょう。

 警告受けるとブラックリストに載るだけではなく、周辺にいるサークルからの印象も悪くなります。展示物だからという言い訳は通りません、客観的に見て「これは売り物」と見て分かってしまうようなものにあたるためシンプルに3点だけに留めた方が安全です(その御蔭で印象が良かったらしくいくつか売れました)。

 見ていないから平気平気とやっているかもしれませんが違反者はガン付けられています、「今は見逃すけど、規約守らないから次はブラックリストに載せておこうかな?」と考え出してしまうので何度も言いますイベントの出展規約は必ず守りましょう!

 ちなみに見栄っ張りしすぎると余計に狙われます、派手なのは悪くはないですがくれぐれも客観的に見て「これは売り物だ」と思わせてしまわないように出展方法には十分気をつけましょう(値段の無い飾りなどを置くのも売り物と勘違いさせることになりますので当然アウトです)。

 

 終始重い話じゃないかと思いますが今の同人イベントは交流が少なく、ただ売って買うだけしかも売る側は規約を守らないで終わってしまう悲しい状況であるので記事にいたしました。

 自分が知っているコミケは十数年前のものだったので、参加するたびにそのギャップには毎回驚かされています。SNSの発達に伴って同人の交流が「ネット上で仲良しに……」と言う暗黙のルールがいつの間にか成り立って「同人で仲良しに……」の考えが消えつつあるようでしたが、やはり人と人との「直接」の交流が一番楽しいので最近はTwitterは控えています。

 ※尊敬している任天堂の岩田社長の「直接」は色々通ずるところがあります

 

 出展に関してはお気軽に当サークルへお越しいただければ幸いです。ゲーム開発の現場の今とか色々語れますので(ブラックな話題はなるべく出さないように致します)。

 

 ではでは、あらゆることに幸せを願って……。